遺言書や遺産相続の手続きを専門家に頼んだときの相場は?

遺言・相続の基本情報

慣れない手続きが必要な遺言・相続手続き

誰かが亡くなれば、相続が発生します。 その手続きは煩雑で、必要な書類や手続きが山のようにあります。 財産の種類によってとる手続きが違うため、都度確認しなければいけません。 また、遺言書の作成と執行にも様々なルールがあります。 それを専門に扱う人に助けてもらいましょう。

遺言と相続の指南係

遺言書や相続という言葉は、あまり縁がないように思います。
しかし、最近では相続人同士のトラブルを防ぐため、前もって遺言書を作成したり、相続の手続きについても準備をしておく人が増えてきました。
今は預金だけではなく、不動産投資や株などの有価証券を保有している人も増えてきて、昔に比べれば身近になってきたのでしょう。
遺言書は、ある程度資産を保有する遺言人が作成するイメージですが、例えばタンス貯金100万円でも相続は発生するため、実際にその場面に直面した相続人が困らないように、できる手は打っておくのが得策です。
遺言書には自分で用意することができる「自筆証書遺言」と、公証役場で作成してもらう「公正証書遺言」の二つが主です。
自筆証書遺言とは、遺言者が自分の手で遺言書を書き記す方法です。
時と場所を選ばずに遺言書を書くことができ、遺言書の存在を明かすことなくいられます。
ただし、相続が発生した際には有効な遺言書なのか、裁判所で確認しなければならず、なんと内容によっては無効となってしまうことがあります。
一方、公正証書遺言は、証人立会いのもと公証人が作成します。
遺言人の希望を聞いて、有効な遺言書を作成してもらえ、その上原本を保管してくれます。
これは、正当な遺言書である証明にもなりますし、紛失や文書の改竄の恐れがないため、裁判所で確認する必要がありません。
でも、思い立ったらふらりと公証人に会いに行けるわけではありません。
遺言を作成してもらうために、必要な書類をそろえたり、文面を考えたりと、様々な準備が必要になります。
具体的に何をすればいいのかわからないし、そもそも公証役場って、なんだか怖そう…。
そんな不安を払拭してくれるのが、専門家の存在です。
では、お願いする際は何をやってくれて、どれくらいの費用が掛かるんでしょうか。
そんな基本情報をお伝えします!

身近でない遺言書と相続、どうすればいい?

一生のうちにそうあることではないので、実際に直面すると困ることもあります。 時間がかかるものですし、期限がある手続きもあるので、焦ってしまいますよね。 手続きを誤ると更に面倒なことにもなります。 遺言から相続の手続きまでの流れと、専門家にお願いできることを知っておきましょう。

依頼する専門家によって差が出る費用

必ずかかる費用と、依頼先によっては金額が変動する部分があります。 費用に対するサービスは、目に見えるものだけではないようです。 相続には様々なケースが考えられます。 自分のケースではだれに依頼すると安心なのか、どこまでお願いするべきかを考えて強い見方を見つけましょう。