遺言・相続の基本情報

>

依頼する専門家によって差が出る費用

費用はどのくらい?

遺言書を弁護士にお願いする場合、費用は若干高めになります。
事務所や弁護士さんによって幅はありますが、一般的なケースなら20~30万円ほど。
相続手続きは相続額によって報酬が決まります。30万円ほどからです。
一方、司法書士・行政書士にお願いすると、7~15万円ほどのようです。
相続手続きの報酬は、弁護士と同様に相続額によって決まるようです。
最低報酬額は弁護士と同じ30万円ほど。
考えるのが面倒、丸投げしたい場合には、信託銀行なども選択肢になります。
遺言の作成から保管、執行まで、全てが入った商品プランがあるところがほとんです。
しかし、かかる費用もその分高くなり、保管も年間で手数料がかかるため、トータルで安くても200万円ほどです。
それぞれ、実費でかかるものは別途必要になります。
何をお願いするのか、きちんと区別して依頼することで、費用が明確になります。
依頼先に必ず確認することが大切です。

公証人手数料がかかります

遺言作成に忘れてはいけないのが、公正証書遺言を作成する場合にかかる公証人手数料です。
これは公正証書遺言を作る場合には必ずかかるものです。
一通いくら、という決め方ではなく、相続財産の金額によって手数料は変わります。
相続金額が高ければ、手数料も高くなります。
例えば、100万円以下なら5000円、といったように、明確に決まっています。
気を付けたいのが、その計算方法です。
単純に総額を見るのではなく、相続人毎に記載の相続額を基にして計算されます。
また、公証役場に出向けないケース(病気などで入院している等)は、公証人に出向いてもらうため、その出張費用なども発生します。
公証人には遺言書の内容を相談をすることもできますが、立場が中立のため、思ったようには相談できないケースもあるようです。


この記事をシェアする